ロシアのウクライナ侵略

 今年の2月、ロシアがウクライナに侵攻するという、戦争を知らない私たちにとって衝撃的な事件が起こりました。その日から連日、無残に破壊された建物やケガをした人々など、悲惨な状況が報じられています。言葉も分からない他国に避難したり、家や家族を失ったりしているウクライナの人々のことを思うと、胸が締め付けられます。戦争は、人々の心に大きな悲しみと憎しみしか生まない愚かな行為、摂理に反した行為であると、改めて強く感じました。そして未だに、武力によって他国を侵略する国があるという現実を、突き付けられた思いがしました。皆さんも、さまざまなことを感じていらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、ロシアとウクライナの戦争について少し述べてみたいと思います。

 今回の戦争では、何と言っても“ゼレンスキー大統領”の「絶対にロシアには屈しない。ウクライナの自由を守るために戦い抜く!」という強い意志とリーダーシップが光っています。ゼレンスキー大統領と言えば、決まってカーキ色のTシャツ姿で登場し、世界中の人々を惹きつけています。このスタイルは、彼が戦場で戦う兵士たちとの絆を大切にしているからだそうですが、そこから「絶対に負けない!」という固い決意が伝わってきます。彼の姿勢がウクライナ国民だけでなく世界中の国々を動かし、今や軍事支援国は欧州やアメリカをはじめ、47か国に上っています。日本も財政支援や人道支援などを行っています。

 こうした有事の際には、ゼレンスキー大統領のような強いリーダーシップと、それに応える国民の高い意識が何よりも重要であることを世界中の人々に示しました。それにしても、ゼレンスキー大統領と比べると、日本の首相や政治家が頼りなく見えてしまうのは、私たちだけでしょうか……。

 ロシアによる一方的な侵攻を見て、多くの方が「これは他人(ひと)ごとではない」と感じられたものと思います。日本は中国・北朝鮮・ロシアと隣接していて、特に中国の領海侵犯は年々エスカレートしています。中国は台湾や尖閣諸島を虎視眈々と狙っていて、この戦争の行方を注視しています。その意味で、この戦争は日本にとって、とても重要と言えます。

 少し前になりますが、元駐米大使の加藤良三氏が、産経新聞(6月15日版)の“正論”欄で『自助努力こそ安全保障の要諦だ』と題して、次のように述べていました。「今後、日本の安全を確保する主役はまず日本であり、日本の自助努力があって日米安保の実効性、信頼性が増す。逆にそれ以外の(みち)がないというのが世界の常識であることを肝に銘ずべきときである。」

私たちも、全く同感です。以前にも述べましたが、日本も他の先進国のように、“国家と国民は自分たちの力で守る”という当たり前のことができる国にならなければならないと思います。防衛力の強化という自助努力をしてこそ、日本の安全が守られるのではないでしょうか。

 また加藤氏は、有事の際にアメリカ軍と自衛隊に頼るという他者依存では平和は保てないとし、日本を守るためには全国民が身を挺して戦う気概が必要であることを示唆していました。私たちも、今の日本人を見ているとあまりにも平和ボケしていて、もし中国が攻めてきたら、大半の人が何の抵抗もせずに白旗を挙げるのではないかと心配になります。

 先日、産経新聞に“世界価値観調査(2017~2020年)”に関する興味深い記事が載っていました。この調査は、世界100か国近くの社会学者によって行われているもので、それによると、「もし戦争になった場合、あなたは国のために戦いますか?」との問いに、日本は「はい」と答えた人の比率が13.2%でした。この数字は、なんと世界79か国中最下位、ダントツの低さです。その理由は、有事の際には単純にアメリカ軍が守ってくれると考えている人や、日本が戦争に巻き込まれることなど想像すらできない人が多いからではないでしょうか。それに比べてウクライナの比率は56.9%、今ではごく普通の人が「ロシアの奴隷にはならない。ウクライナのために戦う」と、当たり前のように語っています。

 私たちも加藤氏が述べているように、国民が身を挺して戦う気概があってこそ、日本の平和は守られるものと考えています。この戦争を機に、「自分の国は自分たちで守る」という意識が日本人の間に高まるようになることを願っています。皆さんは、どのように思われるでしょうか。

 ロシアがウクライナに侵攻してから半年になりますが、戦争が終結する兆しは一向に見られません。一刻も早くウクライナの人々に平和が訪れるように心から祈っています。             

大室山・城ヶ崎海岸

 6月27日、運動とリフレッシュをかねて、静岡県伊東市にある ‟大室山(おおむろやま・580m)”と ‟城ケ崎海岸” へ出かけました。

 ‟大室山” はおよそ4000年前に噴火した単成火山で、お椀を伏せたような円すい形の美しい形をしています。山全体が国の ‟天然記念物” に指定されていて、伊東市のシンボル的な存在になっています。晴れた日には山頂から富士山や伊豆七島、相模灘などの眺望が楽しめます。‟城ケ崎海岸” は、大室山が噴火した時にできた海岸で、いずれも伊豆の名所として観光客に人気のビュースポットです。

 早朝、豊橋を出発し、伊東市へ向けて車を走らせました。途中、車窓から空に映える美しい富士山が見えてきて、思わず「きれい!」と、みんなの顔がほころびました。

 伊豆高原に入ると、前方に青々とした夏草で覆われた大きな山が現れました。

 9時10分、大室山の麓にあるリフト乗り場に到着。そこには浅間神社の赤い大鳥居が建っていました。浅間神社は大室山の山頂に祭られていて、富士山の浅間大社とは姉妹の神社なのだとか。

 リフトはすでに動いていて、たくさんの人を山頂へと運んでいます。私たちも、さっそくリフトに乗って頂上へ向かいました。以前は山頂まで歩いていくことができましたが、天然記念物に指定されてからは、リフトでの登頂となっています。

 麓から吹き上げてくるさわやかな風を浴びて、山肌にそよぐカヤの草原を眺めながら、5分間の空中散歩を楽しみました。

 リフトを降りると、すり鉢状に深く落ち込んだ火口跡が目に飛び込んできて、「すごい!」と、思わずと驚きの声があがりました。火口跡は深さが40m、底の直径は250mで、伊豆半島にある単成火山では最大級とのこと。「ここから噴火したんだ」と、みんなで一斉にのぞき込みました。急斜面は、うっかり足をすべらせたら下まで真っ逆さまです。すり鉢の底の部分には、アーチェリーを楽しむ人たちが小さく見えました。

 この日は、梅雨明けが発表されて気温はグングンと上昇、太陽が照りつけ、あまりの眩しさにみんな慌ててサングラスをかけました。

 山頂の ‟お鉢巡り” は、1周が1km。360度の大パノラマ、間近には悠々とそびえる富士山、遠くには相模灘や三浦半島、房総半島を望むことができました。沖には伊豆大島などの島々が見えて「まるで雲に浮かんだ山並みのよう !」と、みんなその不思議な景色を楽しんでいました。

 お鉢巡りは、大展望を楽しむ人たちで賑わっていました。吹き上げてくる風の心地よさを感じながらゆっくりと歩き、リフトで一気に登頂できて「こんなに素晴らしい景色を味わえるなんて!」とみんな大感激。一面、緑で覆われた美しい大室山とそこからの絶景を満喫しました。

 11時10分 大室山を後にして、10分ほど車を走らせ ‟城ケ崎海岸” へ到着。城ケ崎海岸は伊豆半島の東に位置し、大室山の噴火で流れた溶岩が冷えて固まった岩石海岸です。断崖絶壁の海岸は9kmも続いていて、国立公園に指定されています。

 駐車場からすぐのところに、海岸線を一望できる ‟門脇崎灯台” がありましたが残念なことに、感染防止のために展望台まで上がることはできませんでした。そこから少し歩くと、ゴツゴツした赤茶色の岩が続く海岸に出ました。「うわー、すごい岩壁!」溶岩が流れて荒々しい海岸を造った大自然の威力に、みんな感動の声をあげました。

 散策路には ‟門脇つり橋” があり、断崖をつなぐように架かっていてスリル満点、ドラマのロケにも使われたとか……。橋の下にはきれいな波が打ち寄せていました。紺碧の大海原と入り組んだ海岸線を眺め1時間ほど散策し、自然からのパワーを充分に吸収して帰路につきました。

 今回は伊豆の名所を訪れ、大自然がつくり出した絶景を心ゆくまで堪能し、心身ともにリフレッシュすることができました。