健康フレンドHOME  ネットショップ 

 健康フレンド紹介 品揃えポリシー ホリスティック栄養学とは 基本サプリメント  ヘルシーメニュー   ハローフレンド

世界に誇る “和食”     美味しさの基本は「だし」
   
        手づくりの “調味だし” があれば…
和風料理が手間なくできます

味の決め手は “上質の昆布&カツオ節”
      【材料】
       水      …2ℓ(10カップ)  
            昆布    …10g (昆布の幅で2cmを4~5枚)
            カツオ節 …50g
            酒       …250cc
            しょう油  …250cc 
     【つくり方】
    鍋に分量の水と昆布を入れて強火にかけ、沸騰してきたら昆布をとりだす。
   火を弱めカツオ節を入れる。ゆっくりと泡が立つ程度の火加減にして3~
   4分(厚削りは10分くらい)煮る。火を止めて、カツオ節が沈んだら漉す。

  ※浜弥のだしパックの場合は1リットルの水に1パックを入れ、10分ほど煮出します
    

  ①に酒を加えて静かに沸騰させアルコール分をとばし、しょう油 を加える。
   (しょう油は、味をみながら少しずつ加える。 
          ごくっと飲める程度の濃さに味を調え、火を止める。)

冷めたらストック用のビンなどに入れて冷蔵します。

夏は3~4日、冬は1週間くらい保存がききます。

  

   
   和食のおいしさを決定する優れた “だし”
             干し椎茸   カツオ節   羅臼昆布      
 
       昆布を取りだし、カツオ節を煮だす              しょう油は味をみながら加えます   
          “調味だし” が常備してあれば便利です     
           “ ひたし豆と根菜の煮物 ”
         
   
                 “ ぶっかけそば ”
              そばはたっぷりの熱湯でゆで、冷水でしっかりと洗います。
              ヌメリをとったそばに調味だしをかけて、山芋や薬味を添えます。

健康フレンドHOME  ネットショップ